「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

あのアスリートも受賞!ビッグスポーツ賞の歴代受賞者とは?

2017 5/1 19:13芝田カズヤ
その他
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Billion Photos/Shutterstock.com

みなさんはビッグスポーツ賞という賞をご存知だろうか?これは大きな記録や結果を残したアスリートに与えられ、これまでに51回も行われてきた歴史ある賞だ。これまでどのようなアスリートがこの賞を受賞してきたのだろうか?今回は歴代の受賞者について紹介する。

ビッグスポーツ賞ってなんだ?概要を紹介

そもそもビッグスポーツ賞とはどのような賞なのだろうか?
これはテレビ朝日が主催し、スポーツ界で優れた成績を残した選手、チームを表彰するもので、「ビッグスポーツ賞」「ビッグスポーツ新人賞」「ビッグスポーツ特別賞」などいくつかの賞がある。
賞の始まりはもともとテレビ朝日で「ビッグスポーツ」という番組が放送されていたことに関係していて、番組にちなんで、ビッグスポーツ賞が始まった。賞は番組が開始した1966年から行われていて、2016年で51回目を迎えた。
表彰の対象となるのはJOC(日本オリンピック委員会)に加盟している競技団体となる。そのことも関係しているのか、ビッグスポーツ賞の選考委員長は竹田恒和JOC会長が務めている。

五輪3連覇の偉業達成を表して!吉田沙保里選手

これまでの受賞者を振り返ってみると、誰もが知っているアスリートばかりだ。レスリングの吉田沙保里選手もその1人で、2004年アテネ、2008年北京、2012年ロンドンとオリンピック3連覇を果たし、2012年に同賞を受賞している。オリンピック3連覇以外に世界選手権での連覇の記録、公式戦での連勝記録など、その成績は圧巻の一言で、受賞するのにふさわしい選手だと言える。
リオデジャネイロオリンピック後は、日本代表のコーチを務めながら選手としても現役続行を表明しているため、もしかしたら選手兼任コーチとして再びこの賞を受賞する日が訪れるかもしれない。

おすすめの記事