「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ファンタジースポーツは日本では流行らない!?今後の展望は?

2017 5/1 19:13m-wataru
その他
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Rawpixel.com/Shutterstock.com

ファンタジースポーツは、好きなスポーツからお気に入りの選手を選び、架空のチームを作るシュミレーションゲームだ。日本ではあまり広まっていないようだが、実際のところはどのようになっているのだろうか?

日本におけるファンタジースポーツの歴史

ファンタジースポーツは、実際の選手の成績と自身が作った架空のチームのスコアが連動していく。海外のスポーツファンの間では昔から人気のゲームだった。
日本においては、1995年にファンタジースポーツ社が設立されており、インターネットを通じたファンタジースポーツサービスを提供している。2001年にはYahoo!Japanの中のスポーツナビがファンタジーベースボールのサービスを開始している。ファンタジースポーツはモバイルサービスに登場することもあったが、デバイスに関わらずそれらのサービスのほとんどは日本で広く普及することはなく、一部のファンを持つに留まっている。

海外では熱狂的ファンの多いファンタジースポーツ

海外ではアメリカを中心に、近年ファンタジースポーツは熱狂的に広まっている。アメリカのスポーツファンは選手たちの成績をデータにまとめ、分析しながら観戦を楽しむ傾向があった。その国民性と言ってもよい性格は、ファンタジースポーツに合っていると言えるだろう。
また、海外のファンタジースポーツでは賞金制を導入していることが多く、スポーツに関する知識を駆使して一攫千金が狙えるところも広く普及した要因になっている。

おすすめの記事