「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ファンタジースポーツ・ドラフトキングス(DraftKings)とは?

2017 5/1 19:13m-wataru
その他
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Rawpixel.com/Shutterstock.com

ファンタジースポーツは、自分の好きな競技や選手を選び、架空のチームを作り対戦するオンラインゲームだ。海外では一大ムーブメントを巻き起こしている。 そんなファンタジースポーツの大手プロバイダーであるドラフトキングス(DraftKings)を紹介する。

ドラフトキングスとは?

ドラフトキングスは2012年にアメリカのボストンにおいて設立された。3人の若者によってつくられたこの小規模のベンチャー企業は、投資家たちの注目を集め事業を拡大していく。2013年にはアメリカメジャーリーグがドラフトキングスに資金(金額未発表)を投資することで、同企業の支援に乗り出した。
その後、ライバル会社を吸収しながらデイリーファンタジースポーツのプラットフォームを確立し、顧客層を拡大する。現在ではファンデュエル(FunDuel)と並び、ファンタジースポーツ産業の中で、最も大きな企業の一つになっている。(2016年11月に2社は合併に合意)

ドラフトキングスでは何ができるの?

ドラフトキングスは、ファンタジースポーツに参加するための場を提供している。
参加するためにはドラフトキングスのサイトにアカウント登録する必要がある。その後、NFLやNBA、MLBなど好きなリーグを選ぼう。リーグを決めた後は現実の選手たちの中からお気に入りの選手をピックアップしていく。必要な選手を選び終えるとあなただけの架空のチームが出来上がる。そのチームラインナップで様々なコンテストにエントリーし成績を競うことになる。

おすすめの記事