「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

運動選手を支えるアスリートフードマイスター資格とは?

2017 4/5 09:49miyanoki-wataru
その他
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 udra11/ Shutterstock.com

運動選手の身体を食事から支える「アスリートフードマイスター」という資格があります。資格試験に合格すれば取得でき、アスリートをサポートするために最適な食事プログラムを提供することができます。 そんなアスリートフードマイスター資格、そしてスポーツフードアドバイザー資格についてご紹介します。

アスリートフードマイスター資格とは?

アスリートフードマイスターは、アスリートの身体能力やパフォーマンスを向上させるために、対象者の年齢や種目、また時期に合わせて最適な食事プログラムを提供できる人物であり、アスリートフードマイスター資格はその能力を証明するものです。
アスリートフードマイスターになると、アスリートの食事管理をすることができるようになり、食事からサポートすることができるようになります。また、自身が競技者の場合には、栄養学などの側面から自身のパフォーマンス向上に役立てることもできます。

アスリートフードマイスター資格の種類

アスリートフードマイスター資格は、3級・2級・1級に分かれています。3級は基礎コースとして設置されており、講習を受講後、修了検定に合格することで取得できます。これまでの試験合格者はおよそ85%以上とされています。
3級を取得すると2級コースを受講することができ、より専門的な理論を学ぶことになります。さらに2級取得者は1級コースを受講することができ、ここではプロレベルのアスリートのために、体づくりやパフォーマンス向上に役立つ理論を学びます。

アスリートフードマイスター資格を活かすには?

アスリートフードマイスター資格には、競技者が自身のパフォーマンス向上のために食事管理方法を学ぶ、といった活用方法のほか、競技者をサポートする立場の方が食事管理をする際などに生かすことができます。また、スポーツをする成長期の子どもの保護者の方や、監督やコーチなどの指導者、また選手のマネージャーをしている方にも役立つでしょう。
資格取得者によるワークショップが行われるなど、イベント講師として活躍することもできますし、資格取得者同士での交流会も行われています。

スポーツフードアドバイザー資格とは?

アスリートフードマイスター資格と似ている資格に「スポーツアドバイザー」資格があります。スポーツアドバイザー資格は、アスリートの栄養管理に必要な知識を持つスポーツアドバイザーであることを証明する資格です。試験を受けるために、指定された機関が行う全カリキュラムを修了する必要があります。
学習範囲には。身体と栄養、食事指導などからアスリートのメンタルケアまで含まれており、 アスリートを食事の面から総合的にサポートすることができるようになります。

スポーツフードアドバイザー資格を活かすには?

スポーツフードアドバイザー資格は、アスリートフードマイスター資格と同様に、自身がアスリートである場合、またアスリートを支える立場にある場合には様々なシーンで活かすことができる資格です。
スポーツトレーナーやスポーツインストラクターとして活躍している方にも、スポーツフードアドバイザー資格は活かすことができるでしょう。身体の動きやトレーニングの方法だけでなく、食事の面でもアドバイスすることができるようになりますよ。

まとめ

アスリートフードマイスター資格とスポーツフードアドバイザー資格についてご紹介しました。スポーツをしている人を支えるため、またご自身がアスリートの場合でも役に立つ資格です。身体と食事の関係に興味がある方にもおすすめの資格ですよ。是非チェックしてみましょう。

関連記事

おすすめの記事