「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

オリンピック種目としてのリュージュ

2017 2/9 09:26
リュージュ オリンピック
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Daniel Huerlimann-BEELDE / Shutterstock, Inc.

日本ではなじみの薄いスポーツであるリュージュですが、冬季オリンピックでは正式競技に採用されており、各国代表の選手がしのぎを削っています。 オリンピックではどのようなルールで競われているのか、また出場するためにはどうすればいいのか、日本人選手の過去の成績も含めて見てみましょう。

オリンピックでの競い方

オリンピックにおけるリュージュは、

  • 一人乗り(男女それぞれ)
  • 二人乗り(男女の区別なし)
  • チームリレー

が採用されています。 一人乗りは2日に分けて合計4回、二人乗りは1日2回のタイムトライアルを行い、その合計タイムが小さい方から順番に順位が決定していくという方式です。リュージュはソリで滑走する競技のため、体重が重い方が加速度が上がり有利になります(コースアウトの危険も増えますが)。
しかし、体重制限はありません。また、男女それぞれ規定の重さまでの重りを追加することが可能です。

どうすればオリンピックに出られるのか?

オリンピックに出場するためには、もちろん、日本国内で代表選手にならなければなりません。まず、その前提として年間2万円の登録料を支払うことが必要です。この2万円の中にはヘルメットなどのレンタル代、そして滑走料も含まれているので、2万円とリュージュさえ準備すればオリンピックに出場できる可能性があるということになります。
リュージュに関しては、国内の競技人口が50人前後と非常に少ないのですが、代表選手になるためには、オリンピック派遣人数・及び派遣標準タイムをクリアした上で、世界大会で出場権を獲得する必要があります。

おすすめの記事