「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ソリを使ったウィンタースポーツ、スケルトンとは

2017 2/9 09:26
ソリ スケルトン
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Perspectives - Jeff Smith / Shutterstock, Inc.

スケルトンというウインタースポーツをご存じでしょうか。 オリンピック中継などで見かけるソリを使って速さを競う競技ですが、普段はあまり見ることがありません。 ここでは、スケルトンを知りたい方のために、基礎知識をご紹介します。

スケルトンとは

スケルトン(skeleton)とは、英語で骸骨や骨組みという意味を持ちます。ウィンタースポーツのスケルトンも、競技で使うソリの構造が鉄組だけでできていたことから名付けられたと言われています。そのソリに乗って、氷結させたコースを滑り下り、タイムによって勝敗を競う競技です。
ソリに乗るのは一人だけで、頭を前にして腹ばいの形でソリを操ります。現在冬季オリンピックの正式競技に採用されており、毎年ワールドカップやインターコンチネンタルカップなど、世界レベルの大会も開催されています。

それほど古くないスケルトンの歴史

スケルトン発祥の地はスイスのサンモリッツといわれています。1884年にトボガンと呼ばれる簡単な作りのソリを使った競技が行われましたが、このトボガンがスケルトンの原型と考えられています。
やがて、現在のようなスケルトン競技として確立され、1923年には国際ボブスレー・スケルトン連盟(IBSF)が設立されます。1928年の第2回サンモリッツ大会で冬季オリンピックの正式競技に採用されますが、2回目に実施された1948年の第5回サンモリッツ大会を最後に除外されます。その後、競技人口の増加もあり、2002年のソルトレイクシティ大会で復帰を果たしました。

おすすめの記事