「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

スポーツ新時代を支える新しい仕事「メンタルコーチ」とは?

2017 1/30 12:29
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Rawpixel.com / Shutterstock, Inc.

スポーツの世界では、メンタルコーチのニーズが増しています。競技のレベルが高くなるほど「スポ根」だけでは思うような成績を上げられないことは、近年常識となりつつあります。今回は、アスリートの活躍を裏から支えるメンタルコーチについてまとめました。

スポーツメンタルコーチとはどのような仕事か

スポーツの成績を上げたいとき、肉体的な鍛錬だけでは不十分な場合があります。プロの世界はもちろんですが、全国レベルで戦うアマチュアトップの世界でも、精神面の強化が良い成績を上げるには不可欠なのです。スポーツメンタルコーチは、選手の精神面をサポートし、成績向上につなげる仕事です。
具体的には、練習、本番、オフの3つの場面それぞれにおいて、パフォーマンスを最大化するためにどのような意識でのぞめばよいか、またその着実な実践のためのプログラムづくりなどを行います。

スポーツメンタルコーチになるには

スポーツメンタルコーチは公的な資格ではありません。そのため、誰でも自由にメンタルコーチを名乗ることができますが、それで仕事がもらえるほど甘くはありません。
まず、大学に設置されているスポーツ心理学科で学んだり、著名なメンタルコーチが主催する講座を受講するなどして、スポーツメンタルコーチの知識を十分に習得することが必要です。
もちろん知識だけでなくコーチングの経験を重ねることも大切です。先輩のコーチなどから紹介を受けたり、コーチングを事業とする会社に就職するなどして、まず比較的レベルの低いアマチュアのコーチングからスタートし、徐々に場数を踏んでコーチングのレベルと実績を積み重ねていきます。
トップアスリートから直接依頼を受けるコーチはわずかですので、競争の激しい職業だといえるでしょう。

おすすめの記事