「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

いくつ知ってる?オリンピックワールドワイドサポーターを調べてみた

2016 10/27 18:11
オリンピック
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Iurii Osadchi / Shutterstock.com

国際オリンピック委員会が管理し、スポンサーの頂点と言われるワールドワイドオリンピックパートナーを紹介したいと思います。

スポンサー企業

国同士の戦い!世界の誰もが熱くなれるオリンピックの運営にはスポンサーが重要になってきます。
現在のワールドワイドオリンピックパートナーの日本企業は「パナソニック」「ブリジストン」に続き最近「トヨタ」も契約しました。海外企業は「コカコーラ」「オメガ」「P&G」「マクドナルド」「SAMSUNG」「VISA」「ATOS」「DOW」「GE」の12社となります。年間数十億とも言われるワールドワイドオリンピックパートナーのスポンサーだけあって、誰もが知っている企業ばかり。しかし中には、日本では製品やロゴなどを見かけない企業も。今回はその会社を紹介してみます。

本社がフランスのスポンサー「ATOS」

アトスと読み、日本にもオフィスを構え、72か国に従業員をもつ、国際的なITサービス企業です。防衛、金融サービス、ヘルスケア、製造、メディアおよび共益事業、公共機関、小売や流通、通信、輸送などさまざまな業種へサービスを展開しています。
オリンピックでは1989年以降、最も重要と言っても過言ではない、大規模なITシステムをサポートし、デリバリー展開、システム構築、検証などで活躍しています。また、リオのオリンピックから他のテクノロジーパートナーと共に、クラウドも導入しました。ITセキュリティの徹底にも力をいれています。

おすすめの記事