「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

オリンピックとスポンサーの知られざる関係とは?

2016 10/27 18:11
夏季オリンピック画像
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by focal point / Shutterstock.com

今年はリオ、そして2020年には東京五輪が開催されます。世界中の選手が競うスポーツの祭典に関心が高まります。運営に関わりたい、会社の知名度やイメージを上げたい企業にオススメの、オリンピックのスポンサーの歴史や、東京五輪のスポンサーシップなどをまとめました。

オリンピックスポンサーの歴史

古代ギリシャのオリンピアの祭典をもとに1896年にアテネ大会から始まった、華やかなオリンピックですが、莫大な費用が問題になっている側面があります。費用の問題で、近年では立候補辞退という国もありました。そのため、1984年のロサンゼルス五輪から商業主義をとりいれ、ショービジネス化し、スポンサーを一業種につき一社に絞ることによりスポンサー料を高く吊り上げたり、聖火リレー走者からも参加料を徴収し、黒字化に成功しました。
反面、スポンサーの意向が強く運営に影響をおよぼすことにもつながりました。オリンピックの後で何年も負債を抱えたら、市民は大変ですね。

オリンピックスポンサー その役割

オリンピックは選手と同じように、企業にとっても晴れの舞台です。世界中の方へアピールできるチャンスがあります。
開催国はオリンピック競技大会成功のためにオリンピックマーケティングのスポンサーシップを構築します。その役割は、大会運営費の調達、オリンピック、パラリンピックブランドの向上、オリンピックムーブメント・パラリンピックムーブメントの推進、日本代表選手団の競技力の向上があります。五輪大会成功のみならず、さまざまな施策を通してより豊かな日本と世界の未来への貢献を目指しています。

おすすめの記事