「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

オリンピックの開会式を盛り上げてくれた歴代アーティストたち!

2016 10/27 18:11
オリンピック 開会式
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Alexander Mazurkevich / Shutterstock.com

オリンピックの華やかな開会式を盛り上げてくれるアーティストに興味がある方へ。2016年開催のブラジル・リオデジャネイロオリンピックから2008年開催の中国・北京オリンピックまで、さかのぼって過去の出演アーティストをご紹介したいと思います。

2008年の北京オリンピック開会式出演アーティスト

2008年8月8日に中国の北京で開催されたオリンピックの開会式は、「鳥の巣」と呼ばれている北京国家スタジアムで行われました。
チーフディレクターは、1994年に映画「活きる」でカンヌ国際映画祭で審査員グランプリに輝いた中国人映画監督・張芸謀さんで、アシスタントディレクターは振付師の張紹鋼さんと陳維亜さんの2人。華やかな花火が打ち上げられたあと登場したのが、数多くのCMに出演し「微笑みの天使」の愛称で国民に広く親しまれている中国の人気少女タレントの林妙可さんで、彼女のパフォーマンスに合わせて中国の愛国歌である「歌唱祖国」の独唱が流されました。北京オリンピックは、愛らしい少女タレントの笑顔が華を添えた開会式でした。

2010年バンクーバーオリンピックの開会式出演アーティスト

2010年2月12日にカナダのバンクーバーで開催されたオリンピックの開会式は、オリンピック史上初となる試みで室内において行われました。開会式に招待されたのはカナダ全土から集められた先住民族の代表たち約300人で、それぞれの民族衣装に身を包んでの出席となりました。
この開会式で一躍世界の注目を集めたのが、カナダの国民的人気女性歌手のk.d.ラングさん。白いスーツに身を包んだ彼女は、カナダのシンガーソングライターであるレナード・コーエンさんが作曲した曲「ハレルヤ」を感動的に熱唱。開会式の放送後には、k.d.ラングさんに対する問い合わせが殺到したというエピソードが残されています。

おすすめの記事