「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

こんな珍しい競技あったの?階段駆け上がり大会を調査してみた

2016 10/27 18:11
JR京都駅ビル階段
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典http://www.kbs-kyoto.co.jp/

スポーツといっても競技はさまざま。珍しいものとしては、「階段駆け上がり」大会があります。ただ階段を駆け上がるだけじゃないかとあなどるなかれ。ここでは3つの大会を紹介します。

京都では恒例イベント JR京都駅ビル大階段駆け上がり大会

1998年からという歴史のある大会。毎年2月第3土曜日に開催されます。選手たちは171段で高低差30メートル、全長にすると70メートルのコースを一気にかけあがります。
一般部門とパフォーマンス部門があり、一般部門では、団体の部、個人総合の部、女性の部、45歳以上の部、特別賞があり、パフォーマンスの部では団体の部・特別賞があります。1組4人で合計タイム・個人タイムを競うのですが、そのチームには45歳以上と女性を1人必ず含めなければなりません。
階段は何段飛ばしをしてもいいのですが、ゴールの時間で競います。団体の同タイムの場合はなんと!合計年齢で決まります。優勝タイムに限っては、同一タイムの場合、優勝決定プレーオフを行います。募集は80チーム320人ですが、多い場合は抽選になります。
過去の成績は優勝者はわずか20秒というタイムで、20秒の壁はなかなか越えられないそう。優勝商品は過去、生マグロ1本や、旅行券10万円分、商品券10万円分など豪華なので、自身のある方はぜひ20秒の壁を破って下さい!

福岡タワー超ウルトラ階段のぼり大会のイベントもすごいのです

福岡市のランドマークであり、国内で実は3番目に高い福岡タワーでは超ウルトラ階段のぼり大会というイベントが有名です。2014年の秋に記念すべき50回を迎えたという歴史もあります。
こちらは時間を競うのではなく、地上123メートルの最上階にある展望室までの非常階段、577段をひたすら自分の足のみで目指すのですが、意外とゆっくりとしたペースで上っても10分から15分程度で制覇できるそうなので、お年寄りや子供までも参加できる大会となっています。
潮風の気持ち良さと絶景を楽しみながら登れ、福岡タワーを楽しみながら登ることを趣旨としているようです。春と秋の時期に、一日に数回実施され、各回先着300名となります。料金は大人500円、小中学生・65歳以上300円、4歳以上100円と、誰もが参加できるリーズナブルさ。
参加者には記念品(缶バッジ)とドリンクサービスや、館内で使える割引サービスなどがあります。ただ雨天・荒天で中止になる事や、2016年の春の会は熊本地震の影響で中止になったので、参加予定の方は、ホームページを事前にチェックすることをお勧めします。

おすすめの記事