「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

気になる東京オリンピックの公式ユニフォーム・ブランドは?

2016 10/25 18:05
オリンピック ユニフォーム
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 www.fashionsnap.com

オリンピックの開会式で日本選手団が着るユニフォームは毎回日本をイメージした素敵なデザインですよね。本記事オリンピックの式典に使われる公式ユニフォーム・ブランドについて、過去の事例を交えながらいろいろとご紹介したいと思います。

オリンピックのユニフォーム・ブランドの絶大な宣伝効果

オリンピックの楽しみ方はいろいろありますが、ファッション好きな方が気になるのはやはり日本を代表する選手団が身に着ける公式ユニフォームのデザインではないでしょうか。日本だけではなく、ほかの国のユニフォームも要チェックです。「どこの国がどんなブランドを起用するのか」、「どんなデザインなのか」、「いちばんオシャレな国はどこか」、気になるポイントはたくさんありますよね。
ユニフォームの制作ブランド側にとっても、国際的な大イベントでの華やかな開会式で、日本中の期待を一身に集める選手たちが身にまとうユニフォームを制作する、その宣伝効果は絶大なものです。

1964年の東京オリンピックのユニフォームとブランドは?

1964年に開催された東京オリンピックの公式ユニフォームのブランドは、コンテスト形式で選ばれました。式典用のユニホームをデザインしたのは、アイビールックを世に生み出したメンズファッション界のカリスマデザイナー石津謙介氏。
気になるデザインはといえば、上着は男女とも「真っ赤なブレザー」、下は、男性が「真っ白なズボン」で女性が「真っ白なアコーデオンプリーツスカート」という、かなりインパクトのあるカラーリングでした。
今でも、オリンピックの式典イコール、この赤白ツートンカラーのユニフォームのイメージが根強く残っているのは、このときのなごりといえるでしょう。

おすすめの記事