「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

東京オリンピック、会場の環境を理解する4つのポイント

2016 10/25 18:05
オリンピック 2020
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by MOTOKO / Shutterstock.com

オリンピックに興味があるけど環境問題にも関心がある方へぜひ知ってもらいたいのは今行われている環境対策です。日本としてはオリンピック準備段階から環境に配慮した取り組みを行いたいと考えています。そんな日本の取り組みについて紹介します。

カーボンニュートラルってどんな考え方?

カーボンニュートラルとは、今までのオリンピックや国際スポーツ大会で主流となっていた考え方で二酸化炭素の排出量と削減量のバランスを取っていくというものです。
この考え方に基づき東京オリンピックでは建築段階からオリンピック開催中に排出される二酸化炭素を少なくし、二酸化炭素を回収する方法を模索しています。初期段階環境影響評価で東京オリンピック全体で約74万トン二酸化炭素の排出を予想していますが、排出量よりも削減量が上回ることを目標としています。

二酸化炭素削減のために低炭素化を目指す

既存の建物を最大限に活用することと競技会場を近場にすることで輸送に伴う二酸化炭素の排出を削減する取り組みをしています。既存の建物を活用すれば新たに建築する際に発生する二酸化炭素を削減することができます。
さらに輸送に伴う二酸化炭素の排出を減らすために、現在ハイブリッドカーや燃料電池自動車、電気自動車の活用を活用することを検討しています。これらの取り組みを行うことで大会全体の二酸化炭素排出を削減できると言われています。

おすすめの記事