「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

2020年東京オリンピック会場へのアクセスを徹底調査

2016 10/25 18:05
東京オリンピック 観戦 アクセス
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by SATHIANPONG PHOOKIT / Shutterstock.com

招致に成功し、2020年のオリンピックは晴れて東京で開催されることになりました。30を超える競技場で行われる東京オリンピックを、スムーズに観戦できるよう、5つのエリアに分けてアクセスを調べてみたいと思います。

東京オリンピック『ヘリテッジゾーン』のアクセス

まず最初に1964年の東京オリンピックで使用された、伝統のある競技場エリア『ヘリテッジゾーン』へのアクセスです。

このエリアの競技場は
①メイン会場である新国立競技場
②東京体育館
③国立代々木競技場
④日本武道館
⑤皇居外苑
⑥東京国際フォーラム
⑦両国国技館
⑧馬事公苑
の8会場で、

最寄駅は
①②が東京メトロ大江戸線「国立競技場前」・JR中央線「千駄ヶ谷」もしくは「信濃町」駅
③はJR山手線「原宿」・東京メトロ副都心線/千代田線「明治神宮前」駅
④東京メトロ東西線・半蔵門線/都営新宿線「九段下」駅
⑤都営三田線「日比谷」駅
⑥JR山手線「有楽町」駅
⑦JR総武線「両国」駅
⑧「東急バス」渋谷・用賀・千歳船橋より農大前下車
です。

すべて徒歩5分以内の最短のアクセスをご紹介しましたが、他にも最寄駅のある場所はいくつかあります。

東京湾に面した『東京ベイゾーン』のアクセス

次にメインなのは、『東京ベイゾーン』と呼ばれる競技会場で
①有明アリーナ
②有明BMXアリーナ
③有明体操競技場
④有明テニスの森
⑤お台場海浜公園
⑥潮風公園
⑦大井ホッケー競技場
⑧海の森水上競技場
⑨海の森クロスカントリーコース
⑩海の森マウンテンバイクコース
⑪葛西臨海公園
⑫夢の島公園
⑬オリンピックアクアティックセンター
⑭幕張メッセ
⑮東京辰巳国際水泳場
の15会場で①⑧⑫⑬は2020年迄に新設、②③⑨⑩は2020年迄に仮設する予定です。

アクセスはそれぞれ
④ゆりかもめ「有明・有明テニスの森」駅
⑤⑥ゆりかもめ「お台場海浜公園・お台場」駅
⑦ゆりかもめ「お台場・船の科学館」駅
⑪JR京葉線「葛西臨海公園」駅・「東京メトロ東西線」葛西・西葛西駅より「都バス」葛西臨海公園行き下車
ですが、このゾーンは海ということもあり季節的にも人気のスポットで競技が行われるので、行き慣れた方も多く、もっと便利なアクセスをご存知と言う方もいらっしゃるでしょう。

おすすめの記事