「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

18年ぶりのWRC!Toyota Gazoo Racing注目選手

2017 6/13 12:41出井章博
Toyota Gazoo Racing
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by HUANG Zheng/Shutterstock.com

Toyota Gazoo Racingはトヨタのワークスとしては18年ぶりの復帰となる。1993年にはマニュファクチャラー部門で総合優勝し、一時代を築いたトヨタ。そんな気になるToyota Gazoo Racingの2017年のマシンや注目選手を紹介する。

トヨタのワークスのWRC参戦

トヨタのワークスへの参戦のきっかけは、WRCが始まる前の1968年に遡る。南アフリカのプライベーターであるヤン・ヘッティマ氏が、コロナのハードトップでモンテカルロラリーに出場し、そのための支援をトヨタに求めたのだった。その2年後には、トヨタのワークスが立ち上げられ、モンテカルロラリーにワークスとして初めて参戦した。
1973年にWRCシリーズが始まると、アメリカで優勝。WRCビッグイベントでは1975年の1000湖ラリーでカローラレビンによる優勝、ドライバーはハンヌ・ミッコラ氏というフィンランド人だ。

1993、94年にWRCマニュファクチャラー部門をトヨタが連覇!

1975年以降はサファリラリーに重きを置いたトヨタは、1984年から86年までサファリラリー3連勝を飾る。そして、翌1987年に当時トヨタが所属していたグループBのクラスで深刻な事故が起き、トヨタはグループAにステップアップする。
セリカGT-FOURを擁し、1988年5月のコルシカで初戦を戦うと、翌1989年からはユハ・カンクネン氏、ブジョン・ワルデガルド氏、カルロス・サインツ氏と実績のあるドライバーを擁し、一気にトップチームへ。1990年にはサインツ氏がドライバーズタイトルを、92年もサインツ氏がドライバーズタイトルを獲得した。
そして、1993年ディディエ・オリオール氏とユハ・カンクネン氏を擁して戦い、念願のマニュファクチャラー部門でシリーズタイトルを獲得。翌1994年には連覇を果たしている。

おすすめの記事