「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

3台体制に!WRC2017ヒュンダイの注目選手を紹介

2017 6/13 12:41出井章博
hyundai WRC
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 EvrenKalinbacak/Shutterstock.com

WRCのヒュンダイワークスについて紹介する。ヒュンダイは3人の若手注目ドライバーを擁しており、非常に期待が高まっている。ヒュンダイワークスの歴史や、2017年のマシンの特徴、注目ドライバーについて詳しくお伝えする。

ヒュンダイワークスの歴史

ヒュンダイのワークスは、2000年から2003年にアクセントWRCというマシンでWRCに参戦していた。しかし、マシンの非力さを露呈し、最後は資金力不足で撤退とヒュンダイとしては不本意な形でWRCの参戦を終えた。ヒュンダイのワークスは2014年に前回の苦い結果を挽回すべく、WRCに帰ってくる。そして、復帰初年度からティエリー・ヌービル選手が第9戦ドイツで優勝、ダニ・ソルド選手が2位に入り、ワンツーフィニッシュを決めた。
2015年に優勝はなかったが、安定した走りでマニュファクチャラー部門で3位に輝いている。2016年は現代自動車Nチームでヘイデン・パッドン選手が第4戦アルゼンチンで、ティエリー・ヌービル選手が第6戦のサルディーニャで優勝している。

2017年シーズンのヒュンダイのマシン

ヒュンダイワークスの2017年シーズンのマシンはi20クーペWRCだ。2016年のマニュファクチャラー部門で2位になったヒュンダイは、潤沢な資金で屈指の若手ドライバーを起用し、ドライバーを満足させるため、新レギュレーションに合わせて380馬力のマシンを完成させた。
高速でコーナーを回る際に、ダウンフォースを高めるために大きなリアウィングを採用。5か月の開発期間で完成度の高いマシンに仕上げた。

おすすめの記事