「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【目指せ名選手】ラクロスのポジション別プレースタイル紹介

2017 7/10 10:01dada
ラクロス,ポジション
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by kstudija / Shutterstock.com

この記事では、ラクロスにおけるポジションについてわかりやすくご紹介します。 ポジションごとの役割やプレースタイル、選手に求められる適性などにも触れていきます。 ラクロスに詳しくない方は必見の内容となっています!

チームの花形!AT(アタック)

「AT(アタック)」は攻撃を担うチームの花形とも呼ぶべき存在です。味方から受けたボールを確実にキャッチし、相手ゴールに向けて正確なシュートを放っていきます。
攻撃時には相手の守備陣との競り合いも激しくなるため、パワーとスピードを兼ね備えた選手が担当できるとベストでしょう。もちろん、シュートの精度を売りに活躍する選手も多いので、何らかの持ち味を活かせると良いですね。
ATの選手が点を決められなければ、当然試合に勝つことはできません。それだけにプレッシャーの大きいポジションでもありますが、綺麗に点を獲ることができた時の爽快感は格別です!

最高の繋ぎ役!MF(ミディ)

「MF(ミディ)」はフィールドの中盤でボールをつなぐのが主な役割です。前線に優れたATの選手がいても、MFからのパス供給なくして攻撃を繰り出すことはできません。
また、後述するLMFやDFからのボールを受ける必要もあるため、パスキャッチの技術も重要視されます。器用にボールを扱える自信がある選手には、うってつけのポジションと言えるでしょう。
プレー時には味方選手の立ち位置を常に把握し、自分がどこに動けばボールを受けやすいか、そして前線にボールを出せるかを考え、位置取りをします。

おすすめの記事