「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ラクロスで使用する道具の早わかり!

2017 7/10 10:01dada
ラクロス,道具
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Catwalk Photos / Shutterstock.com

ラクロスで使用する道具について、わかりやすく紹介していきます! 特にラクロス初心者の方は必見です。 道具の名前や特徴、そして入手する方法について、しっかりと押さえておきましょう。

大前提!ラクロスの道具はスポーツショップで手に入る!

ラクロスの道具はスポーツショップで手に入ります。練習着はもちろん、防具やクロスなども売られています。
都市部にはラクロスの専門ショップもあるほどで、今や日本でもマイナーなスポーツではなくなってきています。お店にラクロス経験者のスタッフがいることもありますから、道具の購入で悩んだ時には彼らを頼りにするのもよいでしょう。
インターネットでも多くの取り扱いがありますが、サイズや規格などに注意して利用するようにしてくださいね。

注意!チームで揃える場合もある!

ラクロスをプレーする時とは、必ず所属するチームがあるのではないでしょうか。サークルや部活、地域の有志で結成されているチームの場合もあるでしょう。
その場合、使用する道具はチームで揃えていることが普通です。特にユニフォームや防具は、オリジナルのデザインを発注して使用していることもあります。
練習着などは個人で用意してもよいと思いますが、ユニフォームなどは事前にチームに用意があるかどうかを確認しておくようにしましょう。

一番の相棒!クロス&ロングクロス

ラクロスで最も大切な道具が、「クロス」と「ロングクロス」です。ポジションによって、クロスを使うかロングクロスを使うかが分かれます。
これらのクロスを使って、ボールを運んだり、シュートを放ったり、守備をしたりします。絶対に欠かすことができませんし、最も愛着が湧く道具でしょう。
スポーツショップに行くと、さまざまなクロスが置かれていますが、デザインだけで選ぶことはないように注意してください。必ず手に取ってしっくりくるもの、規格に適したものを選ぶようにしましょう。

身体を守ろう!防具

ラクロスは選手同士の衝突が当たり前のスポーツです。対峙する選手によっては、吹っ飛ばせることもあれば、逆に吹っ飛ばされてしまうこともあるでしょう。当然ケガの危険がつきまといます。
そのために必要となるのが「防具」です。防具には頭を守るためのヘッド、肩を守るためのショルダーパット、腕を守るためのアームパットなどがあります。これらなしにプレーすることはできません。パットではなく、プロテクターと呼ばれていることもあります。
購入する際は必ず試着するようにして、緩くもキツくもない自分に合ったものを選ぶようにしてください。

しっかりフィット!グローブ

すでにお話した通り、ラクロスは相手選手と激しくぶつかる競技です。クロス同士を激しくぶつけたり、相手の手元めがけてクロスで叩いたりすることもあります。そのため、「グローブ」を着けなくてはいけません。
グローブも防具と同じく自分にフィットするものを選ぶようにしてください。
そして、この時同時に自分が使うクロスが握りやすいかどうかも確認しておくようにしましょう。グローブは身を守るだけでなく、自分のプレーの良し悪しをも左右する大切な道具です。

フィールドを駆け巡る!ラクロスシューズ

身体の最も下、ラクロスで使用する「ラクロスシューズ」の存在を忘れてはいけません。このシューズを使ってフィールドを走り、攻撃と守備を行います。
シューズはぴったりとフィットするものを選ぶことはもちろんですが、底部分につけられているプレートにも注目するようにしましょう。つけられているプレートの種類により、グリップ力や走りやすさ、重さなども変わってきます。これらを十分に加味した上で選んでくださいね。
ラクロスは足首をひねるケガをすることも多いスポーツです。注意しましょう。

まとめ

ラクロスでは「クロス&ロングクロス」「防具」「グローブ」「ラクロスシューズ」などを使ってプレーします。 購入の際は、所属するチームで用意があるか、自分で揃える必要があるかを必ず確認しましょう。 また、お店のスタッフに相談することも欠かせません。ケガに注意しながら楽しくラクロスをプレーしてくださいね。

関連記事

おすすめの記事