「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

関東の大学の強豪は?男子ラクロスチーム紹介

2017 7/10 10:01芝田カズヤ
ラクロス,男子ラクロス
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Catwalk Photos / Shutterstock.com

大学では様々なスポーツが盛んですが、中でもラクロスは大学から始める選手が多いこともあって、代表的な大学スポーツと言えます。今回はそんな大学ラクロスの中でも男子の関東地方の強豪チームについて紹介したいと思います。

関東学生ラクロスの仕組み

まずは、関東地方における大学ラクロスの概要を紹介します。
関東地方では、関東学生ラクロスリーグというリーグ戦が行われています。このリーグ戦は2016年までに29シーズン行われてきました。リーグは2016年の時点では3部構成となっていて、1部はA・Bの2つのリーグに分かれていて、それぞれ6チームで構成されています。
また2部も同じくA・Bの2つに各6チームが、3部はA・B・Cの3つに分かれていてAとCは6チーム、Bは5チームで構成されています。3部合わせたチーム数は41チームです。
A・B・Cと分かれていますが、上下関係はなく、それぞれのリーグの上位チームによって優勝チームを決める試合やリーグ間での入れ替え戦が行われます。

2016年の日本一!慶應義塾大学

まず、最初に紹介するのは慶應義塾大学です。慶応大学は2016年の関東学生リーグを制覇しました。関東優勝チームは全日本ラクロス大学選手権大会の出場権が与えられます。全国大会で決勝戦に進出すると、初戦となった名古屋大学戦を9-7で制し、決勝戦では関西代表の神戸大学を13-4の大差で勝利。学生日本一に輝きました。
慶応大学の特徴としては、系列の高校である慶應義塾高校にラクロス部があることです。高校にラクロス部があるケースはそれほどないのですが、慶応大学には高校時代からラクロスをプレーしていた選手がエスカレーターで進学してくるので、初心者が多い大学ラクロスの中でも強さを発揮しているのかもしれません。

おすすめの記事