「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

どれを選べばいいの?剣道の防具の選び方をご紹介!

2016 12/21 10:03
剣道
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Nickola_Che / Shutterstock.com

一言で剣道の防具といってもいろいろなものがある。自分に合ったものはいったいどんな防具なのか?初心者では選ぶのが非常に難しい。今回は、そんな初心者でも最適の防具を選ぶことができる選び方についてご紹介する。

ミシン刺の防具

剣道の防具全体に言えることとして、ミシン刺と手刺というものがある。ミシン刺というのは、文字通りミシンを使って機械的に大量生産されたものをいう。最近では大分品質は向上されたが、それでも硬くて通気性の悪い防具が多い。
ミシン刺の防具の場合、2mm、4mm、5mmといった表記があるが、これは防具の厚さではなく、ミシンの差し幅のことを示している。差し幅が細かいほど、防具は厚く硬くなる傾向がある。厚くて硬いと打突による衝撃を軽くすることができるが、少々動きにくくなる。

手刺の防具

手刺は、機械ではなく、人の手によって縫われた防具のことを言う。ミシン刺の抜い取りと違って、均一さがないことはあるが、しなやかな作りであることが多い。自分のサイズにぴったりと合うようにオーダーメイドをすることができる。
使い込むごとに、自分の体にフィットしやすくなるが、手作りですのでミシン刺に比べて非常に高価だ。縫い幅は、mmではなく一分刺、二分刺と昔ながらの呼び方となっている。

おすすめの記事