「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

競輪の基本ルールを分かりやすく解説します!

2017 1/25 10:28
競輪
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Herbert Kratky/Shutterstock.com

ここでは、競輪の基本ルールを簡単に解説していくことにします。基本的なルールや専門用語がいくつかありますので、それらを分かってしまえば、レースを楽しむことができます。予想して的中する快感をあなたも実感してみてはいかがでしょう。

競輪のルールとは?

競輪とは自転車競技だということは誰しもが知っていると思いますが、実際はどのようなルールで行われているのでしょうか。競輪は1組で5名から8名の選手が2,000mの距離で自転車をこぎ、その着番を競い合う競技です。その際にゴールしたタイムはあまり重要視されず、あくまで着順が重要になります。レースの序盤は先頭誘導車が30km/hで選手を誘導し、残り4周目まで走ります。選手たちはこの誘導車を追い抜くことはできません。

1レースの競輪の開催期間はいつまで?

競輪のレースは日本全国で行われており、1つのレースで2~6日間の日程で開催されています。中でも開催数が多いのは3日間のレースとなっており、勝ち上がり方式が採用されています。つまり、初日で勝った選手が2日目のレースに出ることができ、2日目のレースで勝った選手が最終日に出ることができるという仕組みです。
それぞれグレードの違うレースでは、勝ち上がり方式が異なることもあるようですがレースを見ていくことで次第に覚えられるようになります。

おすすめの記事