「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

多い選手は2億円超え!?競輪選手は一体いくら稼げるのか

2017 1/25 10:28
競輪選手
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by masuti / Shutterstock.com

北九州が発祥の地といわれる公営競技の競輪。バンクを滑走する選手たちの収入についてまとめてみました。競輪選手たちの平均年収、賞金額の決まり方、歴代高額選手などについてご紹介していきたいと思います。

競輪選手の収入の内容について

競輪選手は実力の世界なので、成績によって年収に差がでてきます。レースの着順に応じて受け取る賞金に加えて、競輪選手ならではの手当がいくつかあります。着順に関係なく受け取る「参加手当」、雨や雪が降った時に受け取る「雨敢闘手当」、年末年始に支給される「正月手当」などです。
先頭誘導員資格を持つ選手がレースで先頭誘導員をすると手当が支給されるので、賞金の少ない選手にとっては貴重なアルバイトになります。また、レースの競輪場までの交通費も全額支給されますので、これも競輪選手の収入となります。

競輪選手の平均的な年収について

男性選手は、レースでの成績によってS級S班、S級1班、S級2班、A級1班、A級2班、A級3班の6つにランク分けされています。最上位であるS級S班の選手は年収が1億円を超え、以下S級1班の選手では平均で約3000万円、A級1班は約1100万円、新人選手のA級3班の選手でも600万~800万円といわれているので、かなりの高額です。
しかし、近年は競輪界全体の売上が減少しているので、賞金額も減少してきています。なお、女性選手のガールズケイリンは、選手全員がA級2班の同級で、平均年収は600万円。しかし一般女性の平均と比べるとやはり低くはない収入であるとも言えますが。

おすすめの記事