「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

五輪種目に採用!注目すべき空手のライバル選手対決

2017 6/13 12:41mikky
空手,ライバル,選手
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 Claus Michelfelder

2020年、東京五輪で正式種目として追加された空手。形や組手など計8種目が採用された。空手に強い日本だが、ライバルとなる選手が世界にはたくさんいる。今回は、五輪出場をかけた日本選手のライバル関係や、立ちはだかる世界の強敵たちを紹介する。

女子形の頂上決戦!清水希容選手のライバルたち

2016年の世界選手権で女子形の2連覇を達成した清水希容(きよう)選手は、日本の金メダルが確実視されている有力候補の一人だ。世界選手権の決勝では「チャタンヤラクーシャンクー」と呼ばれる形で相手を圧倒して優勝した。
この時戦ったエジプトのサラ選手も、形では世界的に有名なベテラン選手だったが、清水選手の美しい勝負形の前では審判も文句無しの5ー0で勝利となった。清水選手はこのまま、2020年まで敵なしとの声もあるが、準決勝で当たった欧州チャンピオンのベテラン、サンドラ・サンチェスの存在も侮れない。

日本のスピードスター荒賀龍太郎選手のライバル、ママエフ選手

2016年世界選手権組手ー84kgで初の王者に輝いた荒賀龍太郎選手は、全試合無失点とこれ以上ない試合運びを展開した。日本のスピードスターとして知られる荒賀選手の当面のライバルとなるのは、アゼルバイジャンのママエフ選手だろう。
荒賀選手は世界選手権で12、14年と準優勝だったが、この時の優勝選手を倒してママエフ選手は決勝へと勝ち上がってきた実力者だ。
伸び盛りという点では、トルコのアクタス選手も同年のヨーロッパ選手権を制し、直前の国際大会ではママエフ選手を破っている。ー84kgはまだだれが頭一つ抜けてもおかしくない状況といえる。

おすすめの記事