「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

いざ勝負!喧嘩の際に空手は有効なのか?

2016 11/10 10:16
空手
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Satyrenko / Shutterstock.com

空手を喧嘩で使ったらどうなるのか?空手をやっている方なら一度は考えたことがあるのではないでしょうか。今回はご法度とされている喧嘩での空手使用を考えてみたいと思います。

空手を始める目的

小さな子供から学生、社会人と空手を始めとした武道を習い始める方が多いようです。空手を始める目的、動機は人それぞれですが”強くなるため”、”いじめを克服するため”、”身体を鍛えるため”などが多いのではないでしょうか。その”強くなるため”の目的が喧嘩の人もいるでしょう。しかし、空手は喧嘩が強くなるための武道ではありません。空手にかぎらず武道は礼儀を重んじており心の強化を目的とします。その一環で体を鍛えることで喧嘩にも強くなるのです。

空手を喧嘩で使ったら?

空手を一般の場で使ったらどうなるのでしょうか。空手有段者が暴力を振るったから特別な罪で逮捕されるといったことはありません。空手、ボクシング、一般人誰が喧嘩で暴力を振るっても同じ犯罪です。法律上で空手有段者、ボクシングなどのライセンス持ちだから罪が重くなるといったことはありません。しかし、暴漢から身を守るために暴力を振るったときに一般の人であれば正当防衛と判断されるところが空手有段者などの場合に過剰防衛と判断される恐れはあります。

おすすめの記事