「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

空手がオリンピックの正式種目に!ルールを知って楽しく観戦しよう

2016 11/10 10:16
空手
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by vectorfusionart/ Shutterstock.com

東京オリンピックの正式種目として、ついに空手が名乗りをあげました。 ただ、空手についてルールはもちろん、有名な選手も知らないという方も多いのではないでしょうか? そういった方のためにも、この記事では、空手を楽しく観戦できるような初心者向けのルールや有名選手をご紹介したいと思います。

オリンピックの正式種目として認定されるまでの道のり

2020年に開催される「東京オリンピック」にて正式種目として認定された空手。 しかし、それまでの道のりは決して平坦なものではありませんでした。
全日本空手道連盟が直々に外務省を訪問し、正式種目に採用してもらえるよう空手道の魅力をアピールしたり、安倍晋三総理を訪問して、正式種目に向けた支援を求める要望書を提出するなど、地道な努力が実を結ぶ結果となりました。さらに、ドミニカ共和国、ベネズエラ、ウルグアイをはじめとした中南米16カ国の大使がオリンピック正式種目を懇願する署名も後押しとなったようです。

【組手編】オリンピックでの空手のルール

まずは「組手」のルールについてご紹介します。
試合時間は男子が3分で女子が2分。8ポイント差、または試合終了時により多くのポイントを獲得した選手が勝ちとなります。 なお、攻撃できる部位は、頭部・顔面・頸部の上段と、腹部・胸部・背部・脇腹の中段になります。 上段への突き(または打ち)、そして中段への突きが有効で1ポイント、中段への蹴りが技ありで2ポイント、上段への蹴りと相手を倒しての突きが一本で3ポイント獲得となります。

おすすめの記事