「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

東京オリンピックで採用された伝統空手のルールって?【寸止め空手・伝統空手編】

2016 11/10 19:16
空手
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by ostill / Shutterstock.com

2020年の東京オリンピック開催競技に選ばれた空手。これをきっかけに興味をもった方も多いのではないだろうか?しかし、空手は流派ごとでルールが違い、分かりにくい面もある。まずは競技の種類ごとに代表的なルールを覚えていこう。今回は「伝統空手」について紹介する。

【伝統空手】ってなんのこと?

空手という競技の中には数種類のジャンルがあり、伝統空手はその中のひとつだ。
古い伝統的な技法を用いて闘う競技で、試合時には必ず“寸止め”するというルールが定められている。基本は格闘技である空手だが、伝統空手は寸止めルールのおかげもあり身体にダメージを受ける可能性も少なく、どの世代でも気軽に楽しめるスポーツと呼べる。
また、伝統空手のルールは全空連や国体といった大会の正式ルールとなっており、空手の中でも幅広く定着している競技だ。

伝統空手の基本ルールを覚えよう!

伝統空手は基本的に技を寸止めで繰り出して闘うスポーツ競技だ。
ポイント制を取っており、相手に蹴りや突きを繰り出して獲得していく。先に8ポイント差をつけるか、制限時間内でより多くポイントを得た側が勝利するルールとなっている。もし打撃を相手に当ててしまうと反則になるので注意が必要だ。
その他、相手が立っている時よりも倒れている時に技を決める方がポイントが高いなど、細かなルールが存在する。

おすすめの記事