「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

謎に包まれた空手の歴史!

2016 11/10 10:16
空手
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Petr Lerch/ Shutterstock.com

武の道を極める!世界で日本を象徴するスポーツとして広く認知される空手。2020年に開催される東京オリンピックでは正式種目として採用されることとなりました。そんな空手について日本人として少しは豆知識を知っておきたいところ。空手の歴史を軽く振り返ってみましょう。

歴史を学ぶ前に…空手とは何ぞや?

空手が生まれたのは現在の沖縄。琉球王国であった時代に、拳や足を駆使する打撃技が主体となる武術として形成されました。その原型は沖縄の拳法と中国武術の融合。さらには日本武術の影響も加わり、現在の空手へと発展を遂げたとされています。
しかし、今日までに語り継がれている空手の歴史は、明治時代の空手家たちにより伝えられたもの。今でも空手について書かれている文献は見つかっておらず、その全貌は謎に包まれています。

空手の歴史はどのようにして始まったの?

空手は先に記述した通り、その歴史の始まりが琉球王国であること以外は謎の多い武術です。 諸説ある起源の中、もっとも有力とされるのが、次の二つの説といわれています。
ひとつ目は、1392年に明から那覇に移住してきた「?(ビン)人三十六姓」と呼ばれる人々が琉球の人々に中国拳法を伝え、ここから発展した説。
もうひとつは、武術的要素もある「舞方」という琉球舞踊から生まれた「手(ティー)」が、唐手(空手)に発展したという説です。

おすすめの記事