「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

空手の型を覚えよう!流派による違いとは?

2016 10/11 18:34
空手 練習
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Nikola Spasenoski/ Shutterstock.com

空手の基本ともいえる『型』。どの流派を選択しても必ず通る基礎の練習形式だが、長い歴史がある空手の型は数も膨大にあって覚えるのが大変だ。どこから手をつけたら良いのか困っている初心者のため、空手の型をピックアップして紹介する。

空手の型とはどんなもの?

空手の基礎とも呼べる『型』。組手に必要となる実践的な動作を身につけられる練習方法で、空手には欠かせない練習方法となっている。
基本的にひとりで行い、数分間の中で決まった順番で技を繰り出して演武を行う。種類は現在数十種類存在し、また、同じ名前でも流派によって違いがある。
空手の型は競技として試合も行われる。型の大会を目指してみるのも面白いだろう。自分の世界に没頭できる空手の型は、精神統一にももってこいの競技なのだ。

空手の代表的な流派の型~松濤館流

空手の四大流派のひとつである「松濤館流」の型を見ていこう。 松濤館流の全日本空手道連盟指定形の型は、約20数種類ある。代表的なもので第一指定形「観空大(カンクウダイ)」、「慈恩(ジオン)」や、第二指定形「観空小(カンクウショウ)」、「燕飛(エンピ)」が挙げられる。
特に松濤館流における代表格の型といえば「慈恩」。派手さはないものの基本の型とされる「平安型」と似ているため、基礎をマスターしておけば覚えやすい。

おすすめの記事