「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

立命館大学アイスホッケー部を徹底解剖!

2016 12/1 16:42
アイスホッケー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by dotshock/Shutterstock.com

「氷上の格闘技」とも評されるアイスホッケー。 アジアの強豪国に数えられる日本では、社会人のみならず大学ホッケーも人気を博しています。 本稿では立命館大学のアイスホッケー部の歴史や戦績について徹底解剖します。

【立命館大学】全国から各競技のトップアスリートが集まる名門

京都府と滋賀県、大阪府に複数のキャンパスを展開する立命館大学。西園寺公望が開いた私塾を起源とし、1922年に発令された大学令により正式に立命館大学が誕生しました。関西圏随一の規模と学生数を誇る総合大学です。 開学当初からスポーツが盛んな校風でしたが、スポーツ健康科学部がオープンして能力選抜入試を実施するようになると、全国から各競技のトップアスリートが集まるようになりました。アメリカンフットボール部、女子駅伝部が全国トップクラスに成長。ラグビー部、野球部、サッカー部も全国大会で活躍できる実力を有しています。

【歴史】創部63年目を迎える立命館大学アイスホッケー部

立命館大学体育会アイスホッケー部は、学内有志により1953年に創部されました。同じ年には学内でサッカー部やアメリカンフットボール部が産声をあげており、63年の歴史を有しています。 関西学生リーグでは1部Aリーグに所属。関西大学、関西学院大学、同志社大学とともに、関西トップカテゴリーの常連として上位4チームで行われる決勝リーグに毎年進出。冬のインカレも関西上位5チームに与えられる出場権を毎年獲得し、関東の列強とも好勝負を演じています。

おすすめの記事