「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

西日本では敵なし!関西大学アイスホッケー部の強さの秘密をさぐる!

2016 12/1 16:42
アイスホッケー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by dotshock/Shutterstock.com

関西大学アイスホッケー部といえば、関西地方の大会でここ7年間無敗を続ける「絶対王者」。 その強さは全国クラスであり、インカレでの優勝も近いといわれています。 そんな関西大学アイスホッケー部の強さの秘密を探ってみました!

体育会は関西ではトップレベル、全国でも上位の強豪!

1886年に創立された関西大学。関西の大学の中ではスポーツの活発な大学として知られています。アメリカンフットボール、テニスなどは全国トップクラスのチームとして大会では上位の常連です。ボクシングやハンドボールなども関西では優勝常連校として知られています。
氷上競技では、フィギュアスケートがあまりにも有名です。高橋大輔選手、織田信成選手、町田樹選手など、日本代表として世界的な活躍をしたトップ選手を輩出しています。

アイスホッケー部は関西では無敵!

関西大学の氷上競技の強さは、西日本の他の大学にとってはあまりにも大きい壁です。オリンピック選手を輩出しているフィギュアスケートはもちろんですが、アイスホッケーでも無双状態!長い伝統を持つ関西学生氷上競技選手権では、2016年に8年連続20回目の優勝を達成しています。
歴史の新しい関西CUPに至っては、なんと第1回から2016年の第8回大会まで、関西大学が連続優勝!関西の大学アイスホッケー界では、名実ともに無敵の王者として君臨しています。

おすすめの記事