「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

立教大学アイスホッケー部の気になるポイント5選!

2016 12/1 16:42
アイスホッケー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by dotshock/Shutterstock.com

ウインタースポーツファンのみなさまへ。 もうすぐ大学アイスホッケーの熱くなる季節ですね。 立教大学アイスホッケー部の気になる5つの情報をまとめてみたので、チェックしてみてくださいね!

古豪・立教大学アイスホッケー部の歴史

立教大学はスポーツ活動も盛んであり、読売巨人軍の長嶋茂雄さんを筆頭に、スポーツ界のスターをたくさん輩出しています。 氷上競技においても、実は立教大学は古豪のひとつ。スケート部(スピードスケート、フィギュアスケート、アイスホッケーの3部門)はまもなく創部90周年を迎えますが、日本学生氷上競技選手権大会では、優勝7回、準優勝10回という成績を残しているのです。

目標は1部リーグ残留!立教アイスホッケー部の奮闘

立教アイスホッケー部は、昭和40年代以降になると勢いにかげりが見えはじめます。現在では残念ながら上位陣からは遠ざかっており、卒業生からも古豪復活を願う声が高まっています。 チームの当面の目標は、関東大学リーグでの1部残留です。同リーグでは、昭和40年代に2部リーグ、平成10年には屈辱の3部落ちとなった過去があります。平成21年からおよそ40年ぶりに1部復帰を果たしましたが、ここ数年は下位に低迷しています。「入れ替え回避!」を合言葉に、選手たちの奮闘が続きます。

おすすめの記事