「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

長い伝統をもつ日本大学アイスホッケー部5つの豆知識!

2016 12/1 16:42
アイスホッケー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by dotshock/Shutterstock.com

ウインタースポーツファンのアンテナが敏感になる冬が近づいてきました! 大学アイスホッケー界で古い伝統を誇るチームのひとつである日本大学。 ここでは、日本大学アイスホッケー部を深く知る上でのポイントを5つに分けてご紹介します。

長い歴史と伝統をほこる日大のアイスホッケー

日本大学は1920年に創設された総合大学です。法律学校としてスタートした日本大学は、いまや日本最大級の規模を誇る大学として躍進を遂げています。また、学業・研究活動にとどまらず、スポーツ活動でもめざましい活躍をしており、夏冬のオリンピックでは日本大学出身の選手が常連となっています。
大学の氷上競技界では、特にフィギュアスケートとスピードスケートで優秀な成績を残しているのが大きな特徴です。アイスホッケーは他の2つの競技ほどではありませんが、伝統ある日大スポーツの一翼を担う部として日々鍛錬に励んでいます。

氷上競技の強豪日大の一翼を担うアイスホッケー部の戦績は?

大学の氷上競技の頂点を決める最もメジャーな大会は、日本学生氷上競技選手権(いわゆるインカレ)です。アイスホッケーのほか、フィギュアスケートとスピードスケートを合わせた3種目で競います。日本大学は全国屈指のスピードスケート強豪校であり、過去にこのインカレで総合優勝を果たした経験もあります。
しかし、残念ながらアイスホッケーではまだ優勝経験はなく、最高でも準優勝にとどまっています。優勝の常連には、明治大学、中央大学、早稲田大学、東洋大学といった日本の氷上競技を牽引するトップチームが顔を揃えているため、実力のある日本大学といえども、なかなか割って入ることができずにいます。

おすすめの記事