「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

アイスホッケーの歴史と日本や世界での普及について

2016 12/2 01:42
アイスホッケー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Pavel L Photo and Video/Shutterstock.com

アイスホッケーというスポーツがいつどのようにできたのか、その歴史を掘り下げ、また、アイスホッケーが日本や世界でどのように普及しているのかも併せて紹介する。

アイスホッケーの起源

アイスホッケーの起源については諸説あり、一概には断定できない。古いものだと、16世紀頃のオランダの絵画に凍結した運河の上で、市民がホッケーのようなスポーツをしている姿が描かれている。これは氷上で行うゴルフのようなイメージのもので、現在のアイスホッケーとは少し違っていた。
その後、1760年代にイギリス人がフィールドホッケーにラクロスを組み合わせたようなスポーツを氷上で行っていた。このとき、フィールドホッケーのボールを使用していたのだが、あまりに飛びすぎるため小さくして飛ばないように工夫したと言われている。

アイスホッケーの歴史

屋内で行われるアイスホッケーの起源については、19世紀のカナダにおいて氷の上でフィールドホッケーをしたことにあるとされており、初の屋内試合が行われたのは1875年3月3日という記録がある。
ルールが確定していない試合が乱雑だと感じたマギル大学の学生が、試合の意味をはっきりと持たせようと他のスポーツを参考し、7つのルールを確定した。そして1877年に改定され、1883年頃にはアイスホッケーの人気が高くなり、モントリオールでは冬祭りの行事に組み込まれることになった。

おすすめの記事