「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

GⅠ馬14頭 歴代3位の勝利数 キングカメハメハが残した功績

2019 7/17 07:00三木俊幸
イメージ画像ⒸSPAIA(撮影:三木俊幸)
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸSPAIA(撮影:三木俊幸)

「マツクニローテ」の象徴的存在

現役時代の戦績は8戦7勝、NHKマイルCと日本ダービーの変則2冠を達成した「マツクニローテ」の象徴的存在だと言えるキングカメハメハだが、7月8日に体調不良により種牡馬を引退することが発表された。そんなキングカメハメハの功績について振り返っていく。

父はエルコンドルパサーなど、数々の名馬を輩出した大種牡馬キングマンボ。母マンファスが同馬を受胎していた時に日本に輸入され、ノーザンファームで産まれたのち、2001年のセレクトセールで8190万円という値段で金子真人氏によって購買された。

その後は栗東・松田国英厩舎から2003年11月にデビューすると、新馬、エリカ賞と連勝。3戦目となった京成杯で3着に敗れたが、結果的にこれが生涯唯一の敗戦となった。松田国調教師は皐月賞には目もくれず、種牡馬としての価値を高めるため、マイル戦のNHKマイルCと中2週で2400mの日本ダービーに挑戦するというローテーションを選択して、キングカメハメハも見事にその期待に応えてみせた。

しかし、秋緒戦となった神戸新聞杯を勝利したのちに屈腱炎を発症して引退。翌年から社台スタリオンステーションにて種牡馬入りすることとなった。

おすすめの記事