「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

新潟拠点の騎手が優勢 サマージョッキーズシリーズを制するための条件とは

2019 6/12 07:00門田光生
2018年のサマージョッキーズシリーズ覇者・福永祐一騎手Ⓒ三木俊幸
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒ三木俊幸

今週からサマージョッキーズシリーズが開幕

夏のお楽しみといえば、恒例の「サマーシリーズ」。1200mの全6戦で争われる「スプリント」、2000mの全5戦で争われる「2000」、そして1600mの全3戦で争われる「マイル」。加えて、上記のレース全てを対象にした「ジョッキー」。当コラムでは今週から開幕するジョッキーズシリーズの傾向をみてみる。

まずサマーシリーズのルールを簡単に説明しておく。対象レースに出走すると最低1点がもらえ、1~5着馬にはさらに加点される。また、GⅢよりGⅡの方がポイントで優遇されている。1勝以上し、なおかつマイルは最低12点、スプリントと2000は最低13点以上の得点を稼いだ馬がチャンピオンの資格を得る。つまり、1勝しただけでは優勝馬にはなれず、このシリーズを取りにいく陣営の本気度も大事な要素になってくる。

また、各サマーシリーズのチャンピオンには賞金が与えられ、馬主も本気で取りにくるシリーズでもある。

JRAではサマーシリーズのチャンピオンを当てて豪華賞品がもらえるキャンペーンをやっているので、この記事が参考になれば幸いである。

なお、今回はサマーマイルシリーズが始まった2012年を基準に7年間のデータで検証している。

おすすめの記事