「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ゴールドシップの出遅れが生んだ大万馬券 2019年宝塚記念まであと12日

2019 6/11 15:00三木俊幸
ゴールドシップⒸ明石智子
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒ明石智子

近年は波乱の傾向が見られる

宝塚記念といえば、暮れの有馬記念と同じくファン投票で上位となった馬に優先出走権が与えられるグランプリレースだ。近年は適性に応じて出走するレースが分散化する傾向にあるため、ファン投票上位でも出走しないケースも見られる。

6月6日に発表された今年のファン投票の結果は、78,778票を集めたアーモンドアイが1位。しかしドバイからの帰国後、陣営は安田記念に参戦することを決断し、残念ながら宝塚記念への参戦は実現に至らなかった。

過去10年の宝塚記念ファン投票1位の馬の成績ⒸSPAIA

ⒸSPAIA

しかし過去10年のファン投票で1位に限ってみれば、2009年のウオッカと2013年のオルフェーヴル以外は全て出走している。

出走した8頭のうち2016年のキタサンブラック(2番人気、3着)以外は全て1番人気に支持され、(2,2,0,3)という成績を残しているが、3回の着外はここ4年の出来事だ。

過去10年の宝塚記念3着までの人気ⒸSPAIA

ⒸSPAIA

その1番人気が馬券圏外となった3レースのうち、2015年は6番人気、10番人気、11番人気で3連単528,510円、2018年は7番人気、10番人気、12番人気で3連単492,560円の決着となっており、近年は波乱の傾向が強く見られている。

おすすめの記事