「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【優駿牝馬】今回もピンクが本命? 桜花賞とオークスはリンクする

2019 5/16 11:00門田光生
東京競馬場のコースを駆ける馬群Ⓒ三木俊幸
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒ三木俊幸

桜花賞上位組が好走

いや、参った。予想がコテンパンにやられるのは毎度のことだが、予想した展開と逆だったとはいえ、ヴィクトリアマイルが1分30秒台のレコード決着になるとは思わなかった。

◎のアエロリットはハナへ行くと決めていたのか、途中から押して先頭へ。ペースが速かったのもあるが、まさか欧州血統のハービンジャー産駒があのタイムで走るとは驚いた。

実はノームコアという馬、デビュー戦の内容がかなり印象に残ったので、その翌週に「これは押さえておいた方がいいですよ」とルメール騎手のマネジャーにささやいたことがある。その馬がGIを勝つのだから感無量……というわけにもいかず、馬券にもデータにも生かせていないのだから情けない。

今週、5月19日(日)に行われるのが、3歳牝馬の頂点を決めるオークスである。正式名称は優駿牝馬でオークスは副称なのだが、ここでは一般的になじみのあるオークスと表記する。

桜花賞から一気に800mも距離が延びるこのレース。桜花賞はまれにスピードだけで押し切る馬も現れるが、ごまかしの利かない東京2400mではそうはいかない。では、まず過去10年のオークス出走馬の前走を見てみよう。

オークスの前走データ別成績ⒸSPAIA

ⒸSPAIA

距離は全く違うが、それでも桜花賞組の数字が断然良く、ここ10年で8頭の優勝馬(同着の年あり)を輩出している。出走数が多くて勝率は悪いが、連対率はそこまで悪くない。

ほかでは、忘れな草賞組からも2頭出ているが、こちらは出走馬自体が少ない。例年、賞金的に出走できるのが勝ち馬くらいで、ある程度実力のある馬が出走するので、桜花賞より優れた率となっているのだろう。

フローラSは連対率こそ悪くないが、勝率に関しては上記の2レースと比べて見劣る。勝ち馬を探すには、桜花賞組か忘れな草賞からということになる。

さらに、傾向を見ると桜花賞上位馬がオークスでも好成績を残している。距離もコースも違うが、求められるものは案外同じなのかもしれない。

おすすめの記事