「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【競馬】今年から降級制度が廃止 条件戦のクラスの呼び名が変更へ

2019 5/14 11:00三木俊幸
競馬ⒸSPAIA
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸSPAIA

降級制度の廃止に伴う変更

「夏競馬は降級馬を狙え!」という言葉は、もう使われることはない。なぜならば、JRAでは日本ダービーの翌週、6月から始まる夏競馬から、昨年まで行われていた降級制度を廃止するとともに、条件戦の呼称が変更される。

クラス変更後の呼び方の表ⒸSPAIA

ⒸSPAIA

競馬ファンの間では当たり前のように使われていた500万下、1000万下、1600万下という呼び方は、それぞれ1勝クラス、2勝クラス、3勝クラスとなる。なお新馬、未勝利、リステッド、重賞競走については変更されない。

この背景には、競馬初心者にも分かりやすいシンプルな呼び方にすることで、より競馬を身近に感じてもらい、ファンの獲得につなげたいという狙いがあると推測する。実際にJRAのCMも競馬初心者をターゲットにしたものだと言える。

その一方でコアな競馬ファンにとってみれば、急に1勝クラスという言葉を使われてもピンとこない、またはついつい500万下と言ってしまうことも増えることが予想される。

実際に想像してみよう。これまで何気なく使っていた「まだ500万を勝ったばかりだから1000万では通用しないだろう」という言葉は、今後「まだ1勝クラスを勝ったばかりだから、2勝クラスでは通用しないだろう」に変わる。

声に出して読んでみると、慣れていないせいもあってか、どこか堅苦しく違和感を感じてしまう。そうしたこともあり、当面の間は現行の呼び方は併記されるので、徐々に慣れていくしかないだろう。

おすすめの記事