「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【京王杯SC】複勝率100%の前走あのレースを使った馬を狙え

タワーオブロンドンⒸ三木俊幸
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒ三木俊幸

複勝率100%の前走東京新聞杯組を狙え!

5月11日(土)に行われるのが京王杯スプリングカップ(GⅡ 芝1400)である。

この距離の予想が回ってきた時に毎回書いているが、この距離は1200mでもなければ1600mでもなく、非常に微妙な距離である。できれば予想をするのを避けたいのだが、これが何の因果かよく担当が回ってくる。

芝の1400mにはGⅠがなく、この距離を得意としている馬がいるなら、賞金の高いGⅡということもあり究極の仕上げをしてくるはず。ということで、まずは「前走距離別成績」から見ていこう。

京王杯スプリングカップの前走距離とレースデータⒸSPAIA

ⒸSPAIA

意外だが、前走1400m組の成績が悪く、逆に1600mの距離を使った馬の数字がいい。1200mの距離を使った馬の成績もいいが、これは前走GⅠの高松宮記念を使った実力馬が出走するからである。

これなら納得できるのだが、なぜここまで前走1600mを使った馬がここまで成績がいいのか?レース別に見てみると過去10年では、東京新聞杯組の成績が抜群である。何と複勝率は100%。

京王杯スプリングカップ→安田記念(GⅠ)に行く馬がいて、ここを目いっぱいの仕上げにはしてこないはず。例年、東京新聞杯が行われるのが2月の頭。それにもかかわらず、これだけ期間があいていても、ここまで数字がいいのは少し意外ではある。これはこのレースとリンクしていると考えるべきであろう。

京王杯スプリングカップの年齢別データⒸSPAIA

ⒸSPAIA

次に「年齢別成績」を見ると、勢いのある4歳勢が優勢かと思いきや、年齢を重ねるに連れて成績が良くなっている。これもまた異質ではある。

最後に「過去3年の東京芝1600mの種牡馬別成績」。

京王杯スプリングカップの種牡馬別データⒸSPAIA

ⒸSPAIA

勝率は口裏を合わせたのかと思うくらい同じような数字が並ぶ。連対率はステイゴールド産駒が少し抜けているくらいで、あとはそこまで変わりがない。

おすすめの記事