「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【ヴィクトリアM】海外帰りは意外と好走?狙うはオンナ心が分かる騎手

2019 5/9 15:00門田光生
アエロリットⒸ明石智子
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒ明石智子

実績馬か、それとも新興勢力の台頭か

先週の土曜に行われた東京競馬は天候不良(雹)のため、10R以降のレースが中止された。降雪や台風での中止は経験したことがあるが、まさかこの季節に天候不良での中止があるとは…。

そんな荒れ模様な天気と同じく、NHKマイルCは3連単が40万を超える高配当で決着。せっかく1番人気のグランアレグリアを消せたのに、お勧めした4頭BOXのうちアドマイヤマーズ以外は圏外。こういう時にきっちりと仕留めないと駄目なのに。

今週は5月12日(日)に東京マイルGⅠ第2弾、ヴィクトリアマイルが行われる。今回で14回目と歴史は浅いが、過去にウオッカ、ブエナビスタ、アパパネなど名牝が勝っているレースである。今年はGⅠ馬4頭が参戦しているが、実績馬が大先輩に続くのか、はたまた新興勢力の台頭はあるのか。詳しく分析していきたい。

オンナ心が分かる騎手は?

ところで、牝馬といえば剛腕よりも当たりの柔らかい騎手が合うイメージ。そこで、今回騎乗する騎手の牡牝成績を調べてみた。

ヴィクトリアマイルに騎乗する騎手の性別成績ⒸSPAIA

ⒸSPAIA

意外といったら失礼なのかもしれないが、牝馬が合うイメージの武豊騎手、福永騎手が勝率、連対率とも下げている。それどころか、今回騎乗するほとんどの騎手が牡馬の方が数字がいい。

牝馬の方が勝率、連対率ともに上回ったのは三浦騎手と横山典騎手だけ。この2人の騎乗馬は押さえておくと面白そうだ。

おすすめの記事