「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【日経賞】JCの経験を活かせる舞台は整った! 馬場適性から狙うはハッピーグリン

ハッピーグリン,ⒸSPAIA
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸSPAIA

今週も高速馬場が予想される

今週末は、天皇賞・春(GⅠ・芝3200m)の前哨戦である日経賞(GⅡ・芝2500m)が行われる。近年は、天皇賞・春との相性が決していいとは言えないが、ここから宝塚記念(GⅠ・芝2200m)を目標にする馬もいることから、見逃せないレースだ。

先週の結果,ⒸSPAIA

ⒸSPAIA

まずは先週の中山競馬場の馬場状態を振り返っていこう。先週末も芝では10レースが行われた。日曜の9Rの幕張S(1600万下)は少頭数のスローペースとなったが、1.33.6と速い時計の決着となっており、今週も引き続き高速馬場になると考えていいだろう。

次に勝ち馬の上がり3Fのタイムを見てみると、平均では34.8と前週と同じ数値だったが、土曜の9R鎌ケ谷特別(1000万下)で33.7の上がりが記録されるなど、ペース次第では33秒台の上がりが必要になるかもしれないということも、頭に入れておきたい。

脚質別では、顕著なデータが見られた。勝った馬は、逃げまたは差し脚質だった。10レース中6レースが差し決着だったとはいえ、直線を向いた際には前を射程圏に入れる位置どりでないと厳しいというものだった。今週の狙いとしては、引き続き逃げ馬とコーナーをスムーズに回れる器用さを持っている馬に注目したい。

おすすめの記事