「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

コントラチェックの好走条件はそろった! 馬場状態から分析するフラワーC

コントラチェック,Ⓒ明石智子
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒ明石智子

勝ち馬の平均上がりは34.8

桜花賞だけでなく、オークスを見据えた馬も出走してくるフラワーC(GⅢ・中山 芝1800m)。今年は、条件戦を好内容で勝ち上がってきた馬もおり、楽しみなメンバーがそろった。今週も馬場状態と馬場適性から出走馬を分析し、予想を行っていく。

先週3月9、10日はいずれも良馬場で、芝では10レースが行われた。しかし、土曜日は稍重から回復したばかりだったということもあり、芝1200mで行われた房総特別(1000万下)が1.09.1、メインレースの中山牝馬S(GⅢ・芝1800m)が1.47.7とやや時計がかかり気味だった。しかし日曜日に芝2000mで行われた館山特別(1000万下)は2.00.6という速い時計が記録されるなど、最終的には高速馬場での競馬となった。

3月9、10日の結果,ⒸSPAIA

ⒸSPAIA

続いて上がりの時計を見てみると、こちらは土曜日、日曜日ともに大きな差は見られなかった。勝ち馬の平均の上がりは34.8と最近の中山コースとしては平均的なものだと言えるだろう。

最後に脚質についても振り返っておく。土曜日は5レース中4レースが逃げ・先行馬が勝ったが、日曜日は5レース中3レースが差し馬の勝利。展開などを加味しても、極端な追い込みでない限りは先行馬にも差し馬にも、平等な馬場だと言える。

ただ、2日間全体で見ると、能力が高い先行馬が出走してきた場合、その先行力が有利に働くのではないかと分析する。

おすすめの記事