「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

エンドスイープ系の「異端児」は大成する 阪神大賞典はリッジマンで決まり!

2019 3/14 15:00門田光生
リッジマン,Ⓒ明石智子
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒ明石智子

名馬が競い合ったレース

中山記念はGI馬の争いとみたらGI未勝利馬にやられ、逆に金鯱賞ではGI同士の決着となった。データがどうのこうのというより、選択ミスをしている自分が情けない。何年やっても競馬は難しいが、だからこそ飽きが来ず毎週のように新鮮な発見がある。今週はいいデータを提供できるように頑張りたい。

自分の中で阪神大賞典といえば1996年、ナリタブライアンとマヤノトップガンの壮絶な叩き合い。当時、北九州のとある電気屋の大型テレビで観戦していたのだが、僅差の決着となり、隣にいた知らないおじさんに「どっちや、兄ちゃん!」と聞かれたことを思い出す。

1990年代は上記のナリタブライアンやマヤノトップガン、マックイーン・パーマー・ブライトのメジロ軍団にスペシャルウィーク。2000年代はナリタトップロード、ディープインパクト、そして2010年代はゴールドシップが3連覇するなど、その時代で活躍していた実力馬が勝ち名乗りを挙げていた。

3レースの出走頭数,ⒸSPAIA

ⒸSPAIA

上記は天皇賞・春の代表的なステップレースの出走頭数を表にしたもの。阪神大賞典はもともと頭数のそろいづらいレースではあるが、一昨年から大阪杯がGIに格上げされたことにより、今後は層の薄さも心配されるところ。

なぜかというと、キタサンブラックがそうであったように、大阪杯→天皇賞・春→宝塚記念と3戦連続でGIを使う有力馬がこれから増えてくると思われるからだ。現に、過去にあれだけの名馬が出走していたにもかかわらず、昨年、そして今年とGⅠ馬の出走がない。今後のデータにどのような変化が出てくるのかにも注目したい。

おすすめの記事