「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

過去7年で5頭の勝ち馬が上がり最速 ファルコンSは決め手のある馬を重視

競馬
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸSPAIA

体重が軽い馬は来ない?

3月16日(土)に行われるファルコンS(GⅢ・芝1400m)。もともと1200mで行われていたが、中京競馬場の改修工事に伴い、2012年からは1400mに条件が変更された。今年で8回目となり、そろそろレースのデータが役に立つ頃だろう。過去7年全てで3連複が万馬券と、容易ではないレースだが、ある程度データを絞りつつ高配当を狙いたいところだ。

まずは前走のクラス別成績から見ていく。

前走クラス別成績

ⒸSPAIA


過去7年で1~3着の数だけ見ると、大きな隔たりはない。しかし、前走GⅢ組が断トツで好成績。今回、前走GⅢを使ったのがハッピーアワーただ1頭なので、この馬は候補に入れておいた方がいいだろう。

続いて前走の距離別成績。

前走距離別成績

ⒸSPAIA


1200m組は3着が1回だけしかない。シングルアップなど、前走1200mを使って挑んでくる馬については軽視したい。

次に前走の競馬場別成績ではどのような傾向が見られるのか、見てみよう。

前走競馬場別成績

ⒸSPAIA


このデータからは前走中山を使った馬の成績の悪さが目につく。トリッキーで直線も短い中山コースから、広い中京コースに変わるとなると、勝手が違うのかもしれない。

最後に馬体重別成績から分析していく。

馬体重別成績

ⒸSPAIA


馬体重が軽い馬はここ7年で1頭も来ていない。中京は直線に急坂があり、それだけタフなコースで力が要る証拠だ。439kg以下で出走してきそうな馬もちらほらいて、これはいい材料となりそうだ。

おすすめの記事