「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

アイワナビリーヴの“力を信じたい” 馬場適性から見たアネモネS

アイワナビリーヴ,ⒸSPAIA
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸSPAIA

雨予報も稍重までか

上位2頭に桜花賞の優先出走権が与えられるアネモネS(L・中山 芝1600m)。桜の最終切符をかけて、今年は16頭が出走する。大混戦の一戦を制するのはどの馬なのか、今週も馬場状態と馬場適性からレースについて分析していく。

先週の土曜日は晴天でレースが行われ、オーシャンS(GⅢ・芝1200m)は1.07.1という高速決着となった馬場だった。しかし日曜日は一転、雨が降り続き最終的には重馬場でレースが行われた。勝ち馬の上がりタイムも軒並み36秒以上かかり、弥生賞(GⅡ・芝2000m)を勝利したメイショウテンゲンの勝ち時計は2.03.3、上がりは36.7という結果だった。

3、4コーナー付近はもともと馬場に傷みが出ていただけに、この雨により更なる馬場悪化が懸念される。今週の金曜日と土曜日は晴れ予報だが、アネモネSが行われる日曜日は再び雨がぱらつく予報となっている。しかし、そこまで雨量がなさそうで、悪くても稍重までだろう。器用さと最後までしっかりと伸びる末脚のある馬を狙ってみたい。

おすすめの記事