「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

息子のデビューが起爆剤に!? 岩田康誠騎手を徹底分析してみた

岩田康誠,ⒸSPAIA
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸSPAIA

2015年以降では最も高い成績

息子には負けたくない。そんな思いが彼を奮い立たせているのか。3月4日現在、19勝を挙げてリーディング6位につけている岩田康誠騎手。

騎乗回数を見てみると、和田竜二騎手の170回に次いで2番目に多い数字をマークしている。

岩田康成績,ⒸSPAIA

ⒸSPAIA

2015年に101勝を記録して以降の成績を見ると、2016年と2017年の勝率は10%に届かず、連対率が18%台、複勝率も20%台後半と物足りない数字に終わっている。2018年は2015年の成績とほぼ同じ数値にまで回復しているが、2019年は勝率11.4%、連対率27.5%、複勝率38.9%と2015年以降では最も高い成績を残している。

岩田康成績,ⒸSPAIA

ⒸSPAIA

2019年の人気別の複勝率を見てみても、1番人気に騎乗した時には75.9%、2番人気は66.7%、3番人気は61.9%と2015年以降では最も良いデータが残っている。3番人気以内の人気馬に騎乗した際には、是非とも馬券を押さえておきたいところだ。

おすすめの記事