「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【中山牝馬S】ミッキーチャームに死角なし 穴は複勝率62%の騎手×厩舎タッグのあの馬

馬群,ⒸSPAIA
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸSPAIA

「中山牝馬S=荒れる重賞」の時代は終わったのか

3月9日(土)に行われる中山牝馬S(GⅢ・芝1800m)。このレースはヴィクトリアマイルの前哨戦として位置づけられている。2007年~2012年までの6年間、1番人気が馬券圏内に来ていないこともあり、「荒れる重賞」と思われがちだが、実は過去6年で1番人気が4頭馬券圏内に入り、傾向が少し変わってきたようだ。

はっきりとした原因は定かではないが、考えられるのがヴィクトリアマイルの定着化。2006年から始まったヴィクトリアマイルだが、最初の頃は陣営も探り探りだったのかもしれない。ただ、ヴィクトリアマイルも今年で14回目を迎えて、陣営もヴィクトリアマイルの攻略法が分かってきた感がある。

単純に考えて東京の1600mで行われるヴィクトリアマイルと、中山の1800mで行われる中山牝馬Sでは、回りも違うし、コース形態も違う。それに距離も微妙に違うし、ハンデ重賞というオマケも付いてくる。ヴィクトリアマイルで勝ち負けを狙っている馬が、ここを前哨戦として使ってもいいのか?と疑問に持つのも無理はない。

ただ、ここから挑んだ馬は(1.1.2.13)で複勝率23.5%と、そこまで成績は悪くない。これが周りに認知されたからこそ、中山牝馬Sからヴィクトリアマイルを狙う有力馬が出てくるようになったのではないだろうか。

おすすめの記事