「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

クロノジェネシスとビーチサンバの2強対決! 馬場適性から見たクイーンC

クロノジェネシス,ⒸJRA
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸJRA

先週末は高速決着に

2月9日、東京競馬場で桜花賞に向けた重要な一戦クイーンC(芝・1600m)が行われる。今年は阪神JFの2着馬クロノジェネシスと3着馬ビーチサンバが出走することから注目を集めている。今週も馬場適性と上がりタイムから見たコース適性を合わせて分析していく。

先週は芝コースで11レースが行われた。木曜日に10mmの雨が降り、やや芝が湿った状態だったにもかかわらず、日曜日の東京新聞杯(芝1600m)では1.31.9、最終レースの4歳上1000万下(芝1400m)ではコースレコードと0.1秒差の1.19.6の高速決着となった。

また勝ち馬の上がり3Fの平均タイムも33.9と先々週の34.1よりも0.2秒速いタイムとなっている。勝ち馬の脚質を見てみると、先行馬も変わらず来ているが、4コーナーの通過順位が6番手以下の馬も5頭いたことを考えると、開幕週よりは差しが届きやすかったと分析できる。

今週末はクイーンCが行われる土曜日に雨予報が出ている。しかし、雨量はそれほど多くならないと見込まれていることから、良から稍重でレースが行われると仮定して予想を組み立てていきたい。

おすすめの記事