「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

洛陽Sはグァンチャーレで決まり 穴は前走オープン組のあの馬

競馬
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸSPAIA

人気薄に注意

2月9日(土)に京都競馬場で行われる洛陽S(OP・芝1600外)。もともと1600万以下のレースだったが、2011年よりオープンに格上げされた。過去の成績を見ると、勝ち馬は1~3番人気から出ており、一見かたい決着かと思いきや、2桁人気の馬もちらほら馬券に絡んで配当妙味がありそうなレース。さっそく予想していこう。

このレース不振の逃げ馬だが、実は京都1600m(外)は有利

まずは過去8年の京都芝1600m(外)脚質別成績を見ていただきたい。

過去8年の脚質別成績

ⒸSPAIA


京都の外回りは直線が長いため、後ろからでも届くと思われがちだが、複勝率を見ると実は逃げ馬にとって圧倒的有利な条件なのである。ただ、過去8年の洛陽Sの脚質別成績を見ると意外な結果が出た。

過去8年の洛陽ステークス脚質別成績

ⒸSPAIA


差し馬が6勝を挙げて、逃げ馬の成績がかなり悪い。これはオープンまで上り詰めた馬なら、かなりの決め手があり、後ろからでも十分届くからではないだろうか。決め手上位の馬には注意したい。

次は過去8年の京都1600m外回りの種牡馬別データである。

京都1600m外回りの種牡馬別成績

ⒸSPAIA


いつも読んでいただいている読者の方はお分かりだろうが、トップはディープインパクト。しかし注目したいのは14戦5連対のスクリーンヒーロー産駒。洛陽Sでも、今年も出走するグァンチャーレが2年連続2着の成績を残している。

穴馬の資格があるのは?

5番人気以下で馬券圏内に来た馬は、過去8年で7頭いる。その馬たちの共通点を探ってみた。

一つは前走オープンクラスを使った馬。これらは2着4回3着3回と全てが馬券に絡んでいる。荒れるとみるなら前走オープン組から選ぶのがよさそう。ただ、この後がなかなか見つからず、苦し紛れに生み出すとすれば、グァンチャーレ以外新馬戦で馬券に絡んでいるということである。「新馬で好走する=ポテンシャルがある」と思っているが、4歳以上の馬たちにこんなデータが通用するのか?一応参考までにしておく。

おすすめの記事