「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【京都記念】大切なのは前走の「格」と母の父の血統

2019 2/7 15:00門田光生
馬群,ⒸSPAIA
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸSPAIA

実績馬優勢の京都記念

今年で112回を数えるGⅡ京都記念。毎年、有力馬がここから始動するケースも少なくなく、好メンバーがそろうこともあってファンにも人気のあるレースのひとつといえる。そんな伝統ある京都記念に今年はGI馬マカヒキとタイムフライヤーの2頭が参戦するが、最近の成績を加味すると力の差は紙一重。今年も面白いレースになりそうだ。

前走成績,ⒸSPAIA,

ⒸSPAIA

上記の表は過去5年の上位馬の前走を記したものだが、GⅠを使った馬が他路線組を圧倒している。要するに上り馬には厳しく、実績馬が力通りの結果を残していることになる。また少頭数の年が多いこともあり、大荒れすることはあまりないのも特徴だ。

今年はGⅠ経由は2頭だけ

前章の表を見ても分かるように、とにかくGⅠにさえ出走していれば着順は関係なし。今回の出走馬で前走GⅠを走った馬はパフォーマプロミスとマカヒキだけだ。意外にあっさり絞れてしまったが、この2頭はデータ的に馬券からは外せない存在といえるだろう。

パフォーマプロミスは前走の有馬記念がGⅠ初挑戦。中山が得意のステイゴールド産駒(実際に中山で1戦1勝だった)で穴人気した馬。結果は14着に終わったが、それでもいい経験になったのは間違いない。この父の産駒にしては広いコースも全く苦にせず、京都と阪神の外回り、中京、そして東京コースでも勝ち星を挙げている。コースを選ばないステイゴールド産駒は大物になる可能性を秘めていて、今年7歳を迎えたとはいえ、さらなる活躍が期待される1頭だ。

マカヒキはご存じ第83代ダービー馬。3歳時に凱旋門賞の前哨戦である仏GⅡニエル賞を制してから勝ち星がないが、古馬になってからも随所に見せ場は作っていて、まだ終わった馬とは思えない。

おすすめの記事